MENU

CLOSE

弁護士?司法書士?過払い金請求の依頼先の選び方

弁護士?司法書士?過払い金請求の依頼先の選び方

552views

カテゴリ:未分類

過払い金返還請求は代理人を依頼したほうがよい

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

返済した借金のうち払い過ぎた利息分を取り戻す払い金返還請求を起こすなら代理人を依頼しましょう。債務整理の手続きそのものは代理人を頼まず個人で進めることも可能ですが、手続きには法的な知識を必要とする者も多く専門的な用語用いられた書類を何枚も欠かなくてはいけません。

一箇所でもミスがあれば手続きを最初からやり直さなければならず、現実的には素人が独力で過払い金返還請求を起こすのは困難です。法律のプロである弁護士や司法書士に代理人を依頼すれば面倒な実務は全て代行してもらえるので、時間も手間もかからず過払い金を取り戻すことができます。もちろん費用はかかりますが、それに見合うだけの確かな仕事をしてもらえるので決して損はありません。

弁護士か司法書士か

借金問題解決を目的に代理人を依頼する場合、依頼先は弁護士と司法書士の2種類があります。過払い金返還請求手続きにおいては弁護士と司法書士の業務内容に差はありません。ただし、司法書士には個別の借入額が額140万円以下でなければ取り扱え無いという制限があります。1社から140万円を超える借り入れがある場合は弁護士にしか代理人を依頼できません。

司法書士に依頼するメリット

弁護士なら借り入れ額にかかわらず全ても借金問題解決を依頼できますが、司法書士には借り入れ額140万円以下という制限があります。140万円以下の借金問題を解決したい場合は司法書士でも弁護士同様の業務が期待できますが、弁護士と同じ業務であるならばわざわざ司法書士に依頼する必要はなく最初から弁護士に依頼した方がいいという考えも思い浮かびます。

司法書士に依頼するメリットは迅速な解決が期待できる点にあります。しほうしょしは140万円以下の案件しか手掛けることができませんが、逆に言えば少額の借金問題解決のプロであるともいえます。弁護士に依頼すると少額の借金問題が後回しにされ報酬の高い高額の借金問題解決依頼を優先されてしまう可能性がありますが、司法書士に来る依頼は全て140万円以下の案件ですから後回しにされる可能性は低く安心して依頼できます。

少額の借金問題解決に関しては司法書士のほうが経験豊富なベテランが多いので、金融業者との債務整理交渉や任意整理手続きも手慣れておりスピード解決が期待できます。また、料金相場も司法書士は弁護士よりも低めなので費用を節約することが出来ます。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に借金問題解決を依頼するメリットは相談やアドバイスなど法律関係のサポートが受けられることです。司法書士の本来の業務は不動産や会社などの登記手続きです。借金問題は手がけられるもののトラブルに関する法律的なサポートは受けられません。

弁護士は法律の専門家として依頼主の相談に乗ったりアドバイスを与えることができます。悪質な取り立てなど法律で対抗すべきトラブルに直面する可能性が高い時は弁護士に依頼したほうが安心です。任意整理に関しても手厚いサポートが期待できます。

依頼先の選び方

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

弁護士や司法書士に代理人を依頼するといってもそれぞれ実力や姿勢に違いがあります。借金問題をスムーズに解決するためには依頼人のために懸命に働いてくれる弁護士や司法書士を選ぶ必要があります。

経験と実績を参考に選ぶ

過去に借金問題を解決した経験や実績は依頼先選びの大きなポイントです。借金問題を一度も手がけた経験がない相手に代理人を依頼するのはとても不安です。数多くの実績を重ねていれば借金問題解決のノウハウも蓄積されているはずで、トラブル無くスムーズな解決が期待できます。

費用は事前に確認

借金問題解決を依頼するのにも費用がかかります。報酬をいくら支払えばよいのかを契約前に明確にしてくれないときは注意が必要です。借金が少額だと回収できる過払い金も少額にとどまるため、費用を支払うと赤字になってしまう可能性もあります。

借金問題を解決したのに費用を支払ったらかえって借金が増えてしまった、というのでは大問題です。事前に費用の見積もりを確認し納得できる金額でなければ契約は見送って別の依頼先を探しましょう。