MENU

CLOSE

弁護士への借金相談って何?そのメリットについて

弁護士への借金相談って何?そのメリットについて

514views

カテゴリ:未分類

弁護士に借金相談した時のメリット

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

借金返済に困った時、相談できるのが弁護士です。弁護士への借金相談にはいろいろなメリットがあります。

事態の悪化を防げる

クレジットやローンなど借金の返済を滞納すると金融業者からの催促が始まります。電話による催促を無視すると支払督促状が自宅に届き、一括返済を求めてきます。

異議申立を行うと裁判へ、異議申立を行わないと強制執行がかけられてしまいます。借金の返済滞納は時間が経てば経つほど事態が悪化してしまうのです。早めに弁護士に借金相談すると事態の悪化を防ぐ事ができます。

解決方法が分かり安心感が得られる

借金問題の解決に役立つのが債務整理です。債務整理の手続きには任意整理や特定調停、個人再生、自己破産と4種類あります。弁護士に借金相談するとどの手続きが一番自分に合っているのかが分かります。借金の解決方法が分からないうちは不安感を抱えてしまいます。しかし弁護士に借金相談し、解決方法が分かる事で安心感が得られます。

弁護士に依頼した時のメリット

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

弁護士に借金相談した後は債務整理手続きの依頼ができます。この手続きの依頼にもいろいろなメリットがあります。

利用者の多い任意整理

一番利用者の多い手続きが任意整理です。任意整理は債務者と債権者と話し合いを行い、将来利息や遅延損害金のカットや毎月の返済額を減らして貰う手続きです。

利息制限法の上限金利以上で借金していた場合は過払い金返還請求を行います。戻ってきた過払い金を借金の返済に充てる事ができます。双方が合意したら和解契約書を作成し、その和解の内容に沿って3年での分割返済を始めます。分割返済が終了すれば全て終了です。

取立がストップする

任意整理の手続きを弁護士に依頼すると取立がストップします。金融業者によっては催促に応じるまで繰り返し電話をかけてくる場合があります。何度も何度も催促の電話がかかってくると精神的に追い込まれてしまう事がありました。そんな時でも厳しい催促や取立に悩まされずに済むと言うメリットがあります。

弁護士が代わりに交渉

任意整理では債権者との交渉が必要です。交渉の仕方次第では有利な条件で和解がまとまる事がありました。しかし個人の方が債権者相手に交渉するのは難しいです。

弁護士に借金相談し、任意整理の手続きを依頼すれば弁護士が代わりに交渉を開始します。個人の方と違い、法律の専門家である弁護士のほうが交渉力があります。そのため有利な条件で和解がまとまり易いと言うメリットがあります。

難しい手続きでもスムーズに

個人再生や自己破産と言った裁判所を通す債務整理の手続きは難しいです。個人の方が手続きしようと思っても中々進まない事が多いです。書類に何らかの記載ミスがあると裁判所で受理して貰えないです。遅れている間に事態が悪化する事がありました。弁護士なら難しい債務整理の手続きでもスムーズに進むと言うメリットがあります。

自己破産の免責許可が下りやすくなる

自己破産成立まで破産手続開始決定と免責許可の決定と2つのハードルがあります。破産手続開始決定は支払能力が無く、経済的に破たん状態であると裁判所が判断すると下されます。免責許可の決定は免責不許可事由に該当しない時に下されます。

ギャンブルや浪費で作った借金は免責不許可事由に該当します。しかし裁判官によっては裁量で免責許可を下す事があります。弁護士では免責許可が下り易くなるようなアドバイスも行っています。個人の方が手続きするより自己破産が成立しやすいです。

デメリットもある

その代わりに弁護士費用がかかると言うデメリットがあります。相談料や着手金、報酬金などいろいろな弁護士費用があり、負担が大きくなる事がありました。弁護士費用は弁護士事務所によって異なります。

中には相談料や着手金がかからない弁護士事務所、弁護士費用の後払いや分割払いができる弁護士事務所もあります。借金相談時に幾らかかるのか良く聞いておいて下さい。