MENU

CLOSE

過払い金請求は自分でできる?弁護士に依頼したくない場合は

過払い金請求は自分でできる?弁護士に依頼したくない場合は

360views

カテゴリ:未分類

弁護士に頼らずに過払い金を取り戻す

e276b6fd59dacef3eb94df9d54857f58_s

グレーゾーン金利に該当する支払い過ぎた返済金を取り戻す過払い金返還請求手続きは弁護士や司法書士に相談して代理人を依頼するのが一般的です。過払い金返還請求のプロである弁護士や司法書士に相談すれば取り戻せる金額の目安も教えてもらえますし、面倒な手続きや厄介な交渉も全て代行してくれるのですべての作業を任せれば何もすること無く過払い金を取り戻せます。

頼もしい味方となってくれる弁護士や司法書士ですが、問題なのが支払う費用です。弁護士や司法書士に過払い金手続きの代行を依頼すると安くない費用がかかります。費用に見合うだけの働きはしてもらえるものの、借金に追われて経済的に苦しい状況では高額の費用を工面するのは簡単ではありません。

自分で手続ができれば費用を払わずに過払い金を取り戻せそうですが、はたして弁護士や司法書士の助けを借りずに過払い金返還請求手続きを自分ですることはできるのでしょうか。

過払い金返還請求の権利があるのは本人とその代理人のみ

過払い金返還請求の権利があるのは、債務者である本人と本人に依頼された代理人である弁護士や司法書士のみです。一般的には弁護士や司法書士を通じて手続きを進めますが制度上は本人にも請求権があるので代理人を立てず自分の力だけで過払い金請求することができます。

自分の力で過払い金請求するメリット・デメリット

b3ab486c56deb6909eeef1341ea4f638_s

弁護士や司法書士に相談しなくても過払い金返還請求手続きをすることは可能です。自分でやることで得られるメリットはありますが、同時にデメリットも生じます。メリット・デメリットを比較検討したうえで代理人を立てるのか、それとも自分の力で手続きするのかを決めましょう。

費用の節約が1番のメリット

代理人を立てず自分の力だけで過払い金返還請求をする一番のメリットは、費用が安く住むことです。弁護士や司法書士に依頼すると最低でも10万円、取り戻す過払い金の金額によっては100万円近い費用がかかります。

自分で手続をすれば印紙代など必要経費以外に費用はかからないので、2〜3万円程度の費用だけで過払い金を取り戻すことができます。借金問題を可決し生活を再建するために少しでもお金が必要な状況において10万円も節約できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

うまくいく可能性が非常に高い

債務整理は債権者との交渉による金利引き下げや支払猶予などが必要なため、素人が挑戦してもうまくいく可能性はほとんどありません。当事者同士の合意形成が条件となる任意整理でも他の債務整理と同様に法律のプロの力を借りないと実現はこんなんです。

しかし、任意整理の中でも過払い金返還請求に関しては事情が異なります。過払い金はグレーゾーン金利の扱いが判決ではっきりと規定されているため、返済金に該当する部分があれば債権者側と争うことなくお金を取り戻すことができます。

過払い金があることが証明されれば自分で手続きしても債権者が返還を拒否することはほぼありません。請求が認められお金が帰ってくる可能性は非常に高いので自分で手続きしてもトラブルになる心配は無用です。

デメリットは時間と労力がかかること

代理人を立てず自分の力で過払い金返還請求をするデメリットとして大きな問題になるのが、時間と労力がかかるため仕事が忙しいと手続きが難しいことです。

代理人を立てれば書類作成や債権者への連絡、交渉による合意形成など時間と手間のかかる作業を全て代行してもらえますが、自分でやる場合は手続きのために時間を取られ大きな手間がかかります。時間に余裕が無い場合は無理して自分で手続きせず、多少費用がかかったとしても代理人を立て時間と労力を節約するのが賢い選択になります。

不当な和解案を提案される危険性に備える

過払い金請求の対象となる金融業者は少しでも損を減らそうと考えるため、代理人がいない相手に対して強気に出てくることがあります。無知に付け込み本来認められる金額より不当に低い和解案を提案してくるケースもあり、備えが不十分だと十分に過払い金を取り戻すことができない可能性があります。過払い金額を正確に計算するなど準備を整え、足元を見るような交渉には断固とした態度で臨みましょう。