MENU

CLOSE

自宅は失いたくない!個人再生でマイホームを守って債務整理

自宅は失いたくない!個人再生でマイホームを守って債務整理

227views

カテゴリ:未分類

債務整理とマイホーム

9baaaabe0c9a7ac6b59480b53d0ef2b5_s

借金を返済するためにマイホームを手放さざるを得なくなるケースは少なくありません。しかし、せっかくかッタまイホー無を手放すのは生活に与える影響も大きく、家族の絆にもヒビが入ってしまうためできればマイホームを処分せずに債務整理をしたいものです。マイホームを守りながら借金問題を解決するにはどうすればいいのでしょうか。

任意整理ならマイホームを守れる可能性あり

任意の話し合いによって借金問題の解決を目指す任意整理では、必ずしもマイホームを手放す必要はありません。返済計画を見直すことで関西の見込があるならマイホームはそのまま守れます。

支払い過ぎた金利分を取り戻す過払い金請求は財産とは無関係に権利が認められるので、問題なく過払い金を取り戻し返済にあてることができるでしょう。ただし、債権者との話し合いでマイホームの処分が合意条件に盛り込まれてしまった場合はマイホームを守ることはできません。

自己破産するとマイホームを失う

借金が全額免責になる自己破産は財産のすべてが処分対象になるので、マイホームを所有したまま債務整理することは不可能です。家族名義の家は対象外ですが、自己破産前に処分を逃れることを目的とした不自然な名義移転が確認されると自己破産は認められません。

マイホームを所有したまま債務整理ができる自己再生

9b9c9a51082892ea0bdd4c8880eb51d1_s

マイホーム所有者を守ってくれる債務整理の方法が「自己再生」です。自己再生手続きでは自宅を守ったまま借金問題を解決することが可能です。いくつかの条件はあるものの、借金に苦しむマイホーム所有者に取っては非常に頼りになる制度なので困ったときは弁護士に自己再生による債務整理を相談してください。

自己再生とは

自己再生とは、住宅ローン以外の借金を整理する債務整理手続きです。自己再生が認められると毎月の返済金見直しや将来金利のカットなど借金返済負担が大幅に軽減されます。更に自己再生では利息分だけではなく借金の元金そのものが大きくカットされます。

任意整理では金利負担の軽減はありますが借金の元金が減額されるケースはほとんどありません。大本の借金が減額されるので返済の見通しが立てやすく、無理なく返済を続けて完済を目指すことができるでしょう。

自己再生に資格による制限はない

自己破産手続きでは弁護士や警備員など信用を必要とする一定の職業に就くことができないという資格制限が発生します。免責決定を受ければ資格制限は解除されるものの、その職業に付いている人は一時的であるにせよ仕事から離れざるを得ません。自己再生には資格制限や就業制限などはありません。どのような職業の人でも仕事に影響をおよぼすことなく債務整理することができます。

3年かけて分割返済

自己再生によって整理された債務の返済期間は最大で3年以内です。3年かけて分割返済すればOKなので毎月の返済負担は重くならず、家計を圧迫することなく無理なく返済できます。やむを得ない事情が認められれば最大5年まで延長できるので、債務残額が高額でも月々の負担は最小限に抑えられます。将来利息はカットされているので、返済が長期化してもこれい所借金が膨らむ心配はありません。

住宅ローンは対象外

自己再生で整理対象となる債務は住宅ローン以外の債務です。住宅ローンの返済が重い負担になっていたとしても自己再生で住宅ローンを整理することはできません。ただし、住宅ローンの返済プランを見直すことはできるので月々の返済額の再設定や借り換えなどの方法で負担を軽減できる可能性があります。

個人再生は弁護士へ相談を

個人再生手続きを考えているのならまず弁護士へ相談しましょう。個人再生は債務の大幅減額を含む手続きなので難易度が高く、手続きをしても失敗するケースは少なくありません。ややこしい交渉など弁護士の力を借りなければできないことも多いので、まずは弁護士に相談し個人再生の見通しを確かめることが大切です。