MENU

CLOSE

クレジットカードのキャッシング枠は、金利が高いので注意を

クレジットカードのキャッシング枠は、金利が高いので注意を

414views

カテゴリ:未分類

貸付に対して、利息制限法という上限金利が法律で決められている

6319cc69b7bd3d8a1d38662a1c6b5af8_s

急に出費が必要な場合でもクレジットカードのキャッシング枠を使えば、近くのATMですぐにお金を借りることができるので便利は便利なのですが、その分金利が高いというデメリットがあります。クレジットカードごとにキャッシング枠の金利は異なっているものの、金利の振れ幅は、利息制限法という法律の範囲内で収まります。

利息制限法には3段階にわたって金利の上限が設定されている

  • 10万円未満の場合は20%の上限金利
  • 10万円以上100万円未満の場合は18%の上限金利
  • 100万円以上の場合は15%の上限金利

どのようなクレジットカードであっても、利息制限法の制限内で金利を設定するように定められています。

上限もあれば下限もある金利

クレジットカードのキャッシング枠では上限金利というものもありますが下限金利というものもあります。下限金利というものは、それぞれの金融業者が設定する最も低い金利のことです。例えば、ある業者がホームページなどで年4.0%から14.0%などと記載している場合は、その上限金利は14.0%で下限金利が年4.0%ということになります。

それぞれのクレジットカードによって金利が異なりますが、下限金利と上限金利というのは、利用枠によって決定されます。利用枠が高いと下限金利を設定されますが、利用枠が低いと上限金利に設定されてしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠を初めて使う人はだいたい低い利用枠が設定されるために、上限金利となる例が多いです。利息制限法という法律を遵守しているとは言っても、実際にそれを利用する側から見てみると、なんだかとても金利が高く思えてしまいます。

危険なキャッシング枠のリボ払い

リボ払いというのは、月々の支払い額をとても少なく設定できるという特徴があり、加えて設定されている残高を超えない限り毎月払わなければならない額は一定であるという特徴もあります。毎月少しの額しか払わないのでいいのであれば生活にゆとりがありますから、自分は借金をしているという認識がしづらくなります。

そのため、まだ借金を返し終わっていないのにキャッシングをしてしまうようになり、その結果徐々に支払っていくのが難しくなっていくのがリボ払いの恐ろしいところなので、自己管理をしっかりすることが大事です。

もしキャッシングした場合は、なるべく早く追加返済したり、返す額を高めに設定しておくなどして早く支払いが完了するようにしましょう。

自分の力だけでは返済するのが難しくなった場合

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

様々な事情で、自分で返していくのが難しくなった場合には、債務整理で解決するという手段があります。債務整理の中には、過払い金請求や任意整理、特定調停や個人再生、自己破産といった手続きがあります。

いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法の上限金利を超えて返済していた場合は任意整理で業者との話し合いが行われていく中で、過払い金などについては戻ってくる可能性があります。つまり、その分の借金がなくなるという事なので、その利息もなくなるということです。

3ヶ月以上キャッシングの支払いを滞納してしまった場合に自宅へ催促状が届けられます。その催促状に応答しないということになれば一括請求という手段に出られてしまいます。しかし任意整理を選択できれば、分割支払いを3年間行うことができるので一括で支払なくて良くなります。

任意整理は弁護士に任せよう

自分で任意整理をするということになったら大変ですので、弁護士に依頼して代わりに任意整理を行ってもらいましょう。弁護士ごとに得意分野は違いますので、依頼する場合は債務整理に関して実績のある弁護士事務所に依頼しましょう。インターネットでホームページを見つけて債務整理に強い弁護士事務所だとおもったら、まずは電話で無料相談してみましょう。

どの程度借金が減るのか、費用はどの程度かかるのかなど、疑問に思ったところは相談しているときに聞いておきましょう。そして、この弁護士事務所でなら任せられると思ったら正式に依頼しましょう。