MENU

CLOSE

個人再生、自己破産を選ばず敢えて任意整理が選ばれる2点の理由

個人再生、自己破産を選ばず敢えて任意整理が選ばれる2点の理由

368views

カテゴリ:未分類

あえて任意整理を選ぶ理由は2つある

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

債務整理には大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産の3つです。自己破産は税金など一部を対象外だが、ローンを含めた借金全てを免責とし、支払う義務を無くす。個人再生は債務総額に合わせて算出された圧縮された債務を三年から五年の間に支払い続ける事で完済とみなす。

それに対して任意整理は金利や過払い金などを業者から取り寄せた取引履歴書から算出しその後無理なく返済出来る金額に設定した後、再度返済をスタートさせる。ちなみにいま流行りの過払い金請求は、債務整理とセットで行われることもあり

債務整理の一つと勘違いされがちですが、これは債務整理ではありません。それぞれの特徴を軽く書き出すと、このようになります。任意整理の特徴と他二つを比べてみて、次のように思いませんか?

「自己破産は借金がチャラになるから債務整理の効果が大きい」
「個人再生は任意整理と比べて、圧縮した一部の債務額を払い続ければ良いのだから効果が大きい」
「…任意整理を選ぶ理由は無いのでは?」

もちろん手続きの違いや、それぞれの債務整理を受けるには相応の条件などもありますので仕方なく任意整理を選ぶ方もおられます。しかし、条件に合わず仕方なくといったネガティブな理由ではなく敢えて任意整理を選ぶ方もいます。それには以下二つの理由が大きく関与しているのです。

任意整理は債務整理が非常にスピーディーに進む

任意整理と他二つの債務整理において、大きく異なるのは債務者と債権者の間に裁判所を介入する必要がある点です。一方、任意整理は債権者と債務者が直接交渉し合うようになります。間に裁判所といった第三者を立たせる必要が無いので、必然的に債務整理のスピードが上がります。

現在は任意整理の場では弁護士に相談して依頼後に、債務者の代理人として全て動いてくれるので素人の自分ではなくプロが直接交渉から手続きまでやってくれるお手軽さや過払い金の有無や金額まで調べてもらえて、更に任意整理の性質から弁護士次第では相談してから半年以内に決着がつくことも当然あります。

何事も時短が求められる現代ですが、借金問題は出来るだけ早く解決したいもの。スピード解決を求められる方には特に大きな好評価を得ています。

任意整理は特定の債権者とのみ交渉に望める

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

裁判所を介入するのが任意整理と他二つの債務整理の異なる点と伝えましたが裁判所が介入する以上、全ての債権者が平等に利益を得る必要があります。一言で言えば特定の業者のみに債務整理後に返済をする事が出来なくなります。これは言い換えれば特定の業者のみと交渉する事が出来ないとも言えますが

そしてこれが債務整理を行う際の大きな足枷となっています。具体的には連帯保証人や担保の存在です。債務者が連帯保証人や担保を設定していた債務を債務整理した場合損失額が連帯保証人に請求、または担保を差し押さえられてしまいます。その為、連帯保証人に請求を行かせたくない、担保を差し押さえられたくない理由で債務整理に踏み出せない方もおられます。

任意整理は裁判所を介入させず、それぞれの業者と直接交渉するので連帯保証人や担保の設定をした債務のみ、返済を待ってもらい債務整理後に債務整理手続き期間中の金額を支払い、通常の返済を行うといった離れ業も理論上は可能です。ただしこれには代理人となる弁護士の高い技量が必須です。

必ずしも応じてくれる訳ではなく、多少月々の返済に余裕が出来る程度で終わる事もありますので劇的な効果が見込めない可能性もあります。しかし連帯保証人と担保のせいで債務整理に踏み出せない方には、ある意味で福音となるのではないでしょうか。

悩む前より弁護士に相談を

どうしても借金の返済が苦しい…そんな時に悩み続けても妙手が浮かぶことは滅多とありません。むしろネガティブな気分で沈みがちになり、心の病を患ってしまう事もあります。

例え弁護士に相談しても明確な解決方法が分からない事もありますが口に出すだけでも心が軽くなることもあります。無料で相談を受け付けている事も多いので、任意整理するか他の債務整理をするかも含めて一度相談されてみてはいかがでしょうか?