MENU

CLOSE

貴方は使うべき?債務整理の意味と是非利用すべき3つのケース

貴方は使うべき?債務整理の意味と是非利用すべき3つのケース

229views

カテゴリ:未分類

債務整理は人生をやり直す手段

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

債務整理という言葉を一度でも耳にされたことがある方は多いのではないでしょうか?債務整理とは、個人が抱える借金のうち、自己での解決が困難と見なされた分に対し、借金の整理や返済をサポートする為に国が導入している法的手段です。

債務整理の最たるメリットとなるのが、国が公的な形で借金の返済や猶予などを保証するという点で、債務整理によって決められた全ての事項について、借金を抱える債務者だけでなく、お金を貸した側である債権者も原則全て遵守しなくてはいけないという点です。

例えば、多額の借金を抱え返済が滞ってしまっている方には、債権者側から執拗な取り立てが行われるケースが少なくありません。これに対し、債務整理を通じた正式な手続きを行い全て受理されることにより、以後の厳しい取り立てなどが原則全て免除されます。

また、債務整理を行う場合、大半のケースで専門家である弁護士や司法書士に相談した上で依頼する事が多く、弁護士を通じた申請の代行をはじめ、非常に困難な作業となりやすい債権者側との借金に関する返済交渉や猶予に関する交渉を一任できる等、様々な部分でメリットが得られる制度です。債務整理とは1つの制度のことを指す言葉ではなく、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金請求

という4つの制度を総称した呼称のことで、4つの制度を利用する=債務整理を利用するという形で表現されています。

過払い金請求や任意整理のように法的な面でのデメリットが少ない制度もある一方、多大なメリットが得られる反面、ある程度の法的デメリットを被る必要がある自己破産など、その使用には慎重な対応と判断が求められます。

債務整理を是非利用すべき4つのケース

a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

多重債務で苦しんでいる

様々な債権者から複数にわたって借金を重ねた結果、それが返済できず滞納してしまっている状況のことを多重債務といい、この問題を抱える人を多重債務者といいます。多重債務者は、元々の負債が円満に返済できなくなった結果、自転車操業的に借金を繰り返したケースがその原因になることが多く、なかなか借金を完済できないのが実状です。

こういった多重債務に苦しむ人にとって推奨なのが、この債務整理という手段です。専門家である弁護士などに相談した上で債務整理の手続きを行うことで、負債に対する利息免除や借金の減額、返済猶予等が利点として得られます。

過去に高金利の借金をした経験がある

消費者金融が隆盛を極めた2000年前後までにノンバンクなどを利用して借金をした経験がある方は、利息制限法と貸金業法という2つの法律によって生み出された18%の法定金利を超える分の金利差による返済金の払いすぎを行っていた可能性があります。

これを過払い金といい、現在、借金の返済を行っていたことを証明出来る方に限り、払いすぎた分の返還請求が行えます。この返還請求もまた、債務整理の1種であり、本人申し立てのほか、弁護士や司法書士を活用した請求を行い返還を受けられます。

財産を手放さずに滞納した負債を返済したい人

主に住宅ローンなど高額なローン契約を結んだ後、リストラなどによって返済ができなくなってしまったという方にも、債務整理は有効な手段です。債務整理の1つ、任意整理という方法を活用することで、本来であれば自宅や自動車など一定の資産を売却した利益で返済が必要なケースでも、財産を処分せずに借金の返済計画を債権者側と建てることができます。

あくまでも現在の収入から返済できる分で計画を建てることができるので、財産を失いたくないけれど借金はできるだけ返済したいと希望している方にベストな方法です。

抱えた借金がどうしても返済できない人

様々な理由から抱え込んでしまった借金の額があまりにも高額となり、仕事をしていても返済できる見込みが全く立たないという方にも、債務整理は人生の再スタートのチャンスを与えてくれます。債務整理の1つ、自己破産制度を活用することで、借金の特性や条件によっては全ての借金を帳消しにできたり、大幅な減額をもたらすことができます。

当然ながら、債務が減る利点が得られる一方である程度のデメリットを抱える必要がありますが、借金で人生を諦めず再スタートを望めます。