MENU

CLOSE

給料や銀行口座の貯金も?知らないと損する差し押さえの対象

給料や銀行口座の貯金も?知らないと損する差し押さえの対象

443views

カテゴリ:未分類

借金の督促が届くようになったら債務整理を検討しましょう。

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

債務者のほとんどは一生懸命借金を返していると思います。苦しい生活の中でも何とか借金を毎月返済できている債務者は、まだ肩の荷が軽い方だと言えるでしょう。ところが、督促が届くようになってしまった債務者は、支払いしていくことが難しい状況なのではないでしょうか?そんな状態で生活を続けていても借金を払い終えることができません。

債務整理のすすめ

債務整理は借金を整理できる唯一の法的手段です。任意整理、過払い金、個人再生、自己破産の中から選ぶことができます。任意整理と過払い金は費用も比較的安いことからチャレンジしやすいでしょう。個人再生は大幅に借金の減額できるので、大きな借金を抱えている債務者におすすめ。

「もうこれ以上借金を返すことが絶対にできない!」という状況に追い込まれてしまった債務者の場合は自己破産をするしかありません。債務整理はメリットが大きいので、督促が届くようになったら悩む前に弁護士に相談してください。弁護士が債務者に代わって全てのお手伝いをしてくれます。どの債務整理を検討するのが自分にふさわしいのかわからない場合は、その段階から相談しても大丈夫ですよ。

督促を無視すると大変なことに!財産を差し押さえられてしまいます。

b5a8e56d341cbdfaf87a627cb8684b20_s

借金を抱えていると、督促が届くこともあると思います。そんな督促を無視していると差し押さえの可能性が考えられます。差し押さえで一体どのような出来事が発生してしまうのかを理解していない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は差し押さえに関する概要を紹介してみたいと思います。

差し押さえまでの大まかな流れとは?

金融業者から借金をしている場合の差し押さえは次のような流れたなっています。

  • 督促状や電話による借金支払いの督促をする
  • 債務者が借金の支払いに応じない場合には債務不履行を申し立てる
  • 裁判と調停を行う
  • 執行官が債務者の自宅に直接訪問して財産の差し押さえを行う

大体このような流れになっているのです。この時に注意しておかなければならないのは、「いつ差し押さえに来るのか知らされない」ということです。知らせてしまうと債務者が夜逃げをする可能性がありますし、財産を隠したり、片付けてしまう可能性があるからです。ですから差し押さえはある日突然やってくるのです。

どんな財産が差し押さえの対象になるのか?

一言で財産を差し押さえると言っても、どんな財産を差し押さえるのか具体的にピンとこない人も多いのではないでしょうか?ここでは、差し押さえの対象になるものを具体的に紹介していきたいと思います。

  • 給料

債務者の給料も差し押さえの対象となります。しかし、債務者にも生活していくお金が必要です。だから全ての給料を差し押さえるというわけではありません。債務者の給料の手取りから1/4を差し引くことになっているのです。

  • 銀行の貯金

銀行口座に貯金も差し押さえの対象です。ここで注意しておきたいのは、銀行口座の差し押さえに関しては金額の上限が決められていないということです。ですから、貯金を全額差し押さえられてしまうケースも少なくありません。複数の銀行口座を持っている場合は、全ての口座が差し押さえることになります。

  • 換金できる財産

財産は給料や銀行の貯金と言った具体的な金銭だけではありません。換金できるものは全て差し押さえの対象となるのです。例えば車や家具家電、美術品なども

全て差し押さえの対象です。しかし、これらの財産を換金するにはそれなりにコストがかかるので、差し押さえる優先順位としてはそこまで高くはないでしょう。

  • 不動産

滞納している金額があまりにも大きい場合は不動産も差し押さえの対象になります。有名な所では自己破産を選択した時に差し押さえられてしまう有名な話だと思います。マイホームはもちろんのこと、家賃収入として経営しているマンションやアパートも差し押さえの対象です。所有している土地も差し押さえられます。これらの不動産は競売にかけられて処理される可能性が高いです。